機械仕掛けの神様ゲーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 【必読】早押し機について<注意事項>

<<   作成日時 : 2011/03/28 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

待望の早押し機が発送されたようです。
ついては、以下の注意事項をいただいていますので、使用される方はご留意ください。
到着したら、また告知します。

ーーーーーーーーーーーー
■早押し機について

<※注意!!>
★この早押し機本体に、別の早押し機のボタン端子は接続しないで下さい。
また、この早押し機のボタン端子を、別の早押し機本体に接続しないで下さい。
 私が製作した同形状の早押し機であっても、規格が違うものがありますので、
流用は故障の原因となります。ご注意下さい。

★赤い押しボタンスイッチ → 電源スイッチ

★白い押しボタンスイッチ → 1位/1位2位 判定表示切り替え
・オン(ボタンを押し込んだ状態):1位と2位を表示。1位はランプ点滅、
 2位はランプ点灯。
・オフ:1位のみ点滅表示。

★黒い押しボタンスイッチ → リセット方式切り替え
・オン(ボタンを押し込んだ状態):ピンポンブーボタンでのリセット有り。
・オフ:ピンポンブーボタンでのリセットなし。
 2位判定が必要な場合はオフ側にしておけば、ピンポンブーボタンを押して
 もリセットされず(ランプが消えず)便利です。

★音量ボリューム横のイヤホンジャック → 早押し機音(「ポーン」「ピン
 ポン」「ブー」)出力端子
 早押し機本体のスピーカーは小さいため、大きな音は出せません。大会場で
早押し機の音を大きく鳴らしたい場合は、このジャックからアンプに繋いで下
さい。
 例えば、ラジカセやコンポのLine In(Aux In)端子へ繋ぐ、あるいは、ヘッド
ホンステレオ用やパソコン用として売られている、アンプ内蔵スピーカーへ
繋ぐ、などです。
( ※ アンプなしの、ナマのスピーカーやヘッドホン・イヤホンを繋いでも、
音は聞こえません)
 出力レベルは音量ボリュームで変えられます。
 音量ボリュームを上げた状態でアンプに繋ぐと、いきなり大きな音がして
接続したアンプやスピーカーを壊すおそれがありますのでご注意下さい。

★電球ブラケットカバー(赤、白、黄、緑、青の電球キャップ)は外れません。
無理に外そうとすると破損しますので、ご注意下さい。
 なお、電球はLED球を使用しているため、正常使用で切れることはほぼ
ありません。
光らなくなった場合は電球ではなく、他の部分に原因があると思われます。

★ボタン端子のコードは3mです。これ以上の長さが必要な場合は、市販の「ス
テレオミニプラグ延長コード(ステレオミニプラグ・ヘッドホン延長コード)」
をご利用下さい。
 また、断線などによってコードを交換する必要がある場合は、両端ステレオ
ミニプラグ付のオーディオコードをご利用下さい。
(どちらも家電量販店などで普通に購入できます)

★ボタン端子コードのプラグは、早押し機本体のジャック、ボタン端子のジャッ
ク、それぞれにしっかりと差し込んで下さい。中途半端な差し込み状態のまま
使用するとショートして、本体故障の原因となります。

★ランプ点滅中/点灯中のボタン端子は、コードの抜き差しを絶対にしないで
下さい。本体故障の原因となります。必ずリセットしてから抜き差しして下さ
い。
(本体電源を切った状態でコードの抜き差しをするのが、一番安全です)

★プラグを中途半端な差し込み状態で使用したり、ランプ点滅中にコードの
抜き差しをした場合、ショート保護回路が働き、ランプ回路への電源が自動的
に遮断される場合があります。
 この時は電源スイッチを切り、ショートの原因となったプラグをきちんと
差し込み直したあと、保護回路が復帰するまでしばらく待ってから電源を入れ
直して下さい。
ーーーーーーーーーーーー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【必読】早押し機について<注意事項> 機械仕掛けの神様ゲーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる